スタイは長袖のもので親もストレスフリーに。おしゃれエプロンを紹介

スタイは長袖のもので親もストレスフリーに。おしゃれエプロンを紹介

赤ちゃんの必需品、よだれ掛けまたは、スタイがありますが、成長によってスタイの種類も変わってきます。

2歳になったうちの子は、普段は、およだが出ることはあまりありませんが、ご飯を食べるときは顔中はもちろんの事、腕や洋服までベタベタにしちゃいます。

親がご飯を食べさせていた頃は、腕や洋服までは汚れませんでしたが、一人で食べるようになるとダメですね。

そこで活躍しているのが、腕や洋服まで覆えるスタイ(もはやエプロンですかね)です。

成長に合わせたスタイ選び

授乳中にはよだれに注意

新生児から数ヵ月は、ご飯は授乳のみになるので、食事用のスタイは必要ないかもしれません。その代わり日常的にヨダレが出る可能性があるので、子供によっては、常に小さいものでいいのでスタイを着けっぱなしにしておく必要があるかもしれませんね。

これは、子供のよだれ事情によって変わってくるので、よく観察してあげてください。

離乳食中は食べてる途中の戻しに注意

次にスタイのレベルが変わるのが離乳食開始です。

離乳食を食べだすようになると、最初は親がアーンして食べさせてあげますが、素直に全て食べてくれるわけではありません。時には吐いてしまったり、口を閉じてしまったり、色々あります。

そんな時に、口からこぼれた食べ物を受け止めてくれるように、スタイにポケットの付いたものが重宝するようになります。

1人で食べる時は、全身注意

離乳食が一通り食べれるようになると、徐々に大人と同じものを食べるようになります。

自分でスプーンを持ったり、フォークを持ったり、時には手掴みで食べ物を自分で食べるようになってきます。そうすると今まで口の周りだけをサポートしていれば良かったものが、手や袖、服全体をサポートしなければいけなくなります。

そこで活躍するのが、袖付きのスタイです。

袖付きスタイの良いところ

おしゃれ着でも食事が安心

袖までガードできるので、オシャレをして外食しに行った時にも、食事の時にスタイを装着すれば服を気にしないで食事をすることができます。

ご飯粒が袖に付いてしまい、帰る頃にはカピカピになっているなんてことも心配する必要がないのです。

意外とかさ張らない&汚れが落ちやすい生地使用

袖が付いていると、カバンの中に入れる際に嵩張って持ち運びが大変なのでは?と思われがちですが、かさばらないです。オムツ1つ分ぐらいのサイズ感なので、持ち運びやすいです。

しかも、汚れは洗濯をすれば簡単に落ちます。食事だとケチャップやマヨネーズなどの一度服に付いたら洗濯しても少し残ってしまうことがあります。しかしスタイの素材によりますが、汚れが落ちやすいものが多いです。

ポケットが付いていて、食べこぼしも安心

ポケットも付いているので、外食にも使えます。

外食で子供がご飯を食べていると、よく下にこぼしてしまい食後に床を綺麗にしてから席を外すハメになってしまいます。しかしこのスタイを使ってからは、その心配も少なくなりました。

結構な確率で食べこぼしがポケットに入ってくれるので下に落ちる数が激減します。完全にというわけには行きませんが…

デザイン・キャラクターが豊富

子供用品専門店に行くとデザインの種類が本当にたくさんあります。洋服を選ぶ感覚でスタイを選ぶことができます。

しかもキャラクター別にもたくさんあるので、好きなキャラクターのスタイを1つ持っていると子供も自分もテンションあげて食事をすることができます。

ちなみに私はピーナッツダイナー(スヌーピーのレストラン)に行く時は必ずスヌーピーのスタイを付けていっています。

さいごに

いかがでしょうか。子供と食事というと、こぼしたり、面倒見ていないとゆっくりご飯もできないとマイナスのことばかり考えてしまいそうですが、アイテム1つを自分の好みのものに変えてみると、気分も変わって案外楽しく食事できるかもしれませんよ。

是非好きなキャラクターのスタイで汚れを気にせず食事を楽しんでみてください。