子育てのヒントを実体験できるイベント!かぞくみらいフェスを紹介

子育てのヒントを実体験できるイベント!かぞくみらいフェスを紹介

東京国際フォーラムで2019.3.27~3.28に開催している「かぞくみらいフェス」を見ていきました。首都圏最大級のファミリーイベントということで、大変な混雑、大盛況のイベントでした。

雰囲気的には、パシフィコ横浜で開催されているたまひよファミリーパークの小規模版といった感じでしょうかね。こっちの方が駅から近いですし、平日ということもあってそこまで人も多くなく、全体で1~2時間で回って楽しめるイベントでした。

地上広場にはお花がいっぱい

国際フォーラムに到着して、いきなり入場の行列に並ぶのではちょっと子供が疲れてしまうので、地上広場のお花が咲いているところでリフレッシュしました。

ちょうどチューリップがたくさん咲いていて、子供の疲れも吹っ飛んでいました。広場は時間帯によっては、ビジネスマンが昼食と取っていることがあるので、子供が遊ぶのには周囲の状況を気にしないと危ないですが、意外と広いので、うまく使えば走ったり、親と遊ぶこともでき良いリフレッシュになります。

かぞくみらいフェス会場へ

まず会場についてびっくりしたのが、長い行列でした。見た目では結構待つのかなと覚悟しましたが、意外とすんなり入れて15分ぐらいの待ち時間で入場できました。

並んでいる間もガラス越しに会場の中の風景が見えるので、外から作戦が立てやすく、時間が経つのはあっという間でした。

ベビーカーは会場にはそのまま入れないので、入口に置いておく必要があります。なるべく抱っこ紐で行きましょう。うちは久しぶりに抱っこ紐を使ってのお出掛けにしました。

ベビーカーで行っている人は、ベビーカーを置くときに貴重品以外はベビーカーに置いておいても良さそうでした。どうしても荷物が多くなってしまう子連れのお出掛けには助かりますね。基本はベビーカーは折りたたんでましたが、マストではないようです。

キッズスクーターが試乗できる<CASARICH>

入場待ちしている時に見えていたキッズスクーターにまず試乗しました。意外と待っている行列がなく、2~3分で乗れたっていう感じです。ヨチヨチ歩きの娘にはちょっと難しかったらしく、ほとんど親が手伝って何とか乗れたっていう感じでした。

一応1歳からが対象らしいのですが、個人差だったり、慣れる時間が必要なのかもしれませんね。それでも乗り物に乗って移動することには子供の大分楽しかったみたいで、下ろすときに少しぐずってしまいました。

ちなみに、このキッズスクーターは、写真みたいに座って足で蹴って乗ることもできますし、形を変えてキックボードみたいに乗ることもできるという乗り物でした。幼稚園児たちはキックボードみたいにして試乗コースを乗り回してました。

他のブースでは

会場内でスタンプラリーが開催されていて、ブースを回っていくとスタンプラリーが貯まる仕組みになっていました。スタンプだけが欲しい人や、ついでにブースの中を覗く人などたくさんして、各ブース満遍なく盛り上がっていました。

移動中は子供を抱っこしているか手を引いて歩いているので、写真は全然撮れませんでした。

英会話の教材のブースでは、サンプルでDVDなどが貰えたので、今後の英語教育に役立つかもしれません。登録の勧誘なども多少ありますが、面倒であれば断ることも全然できるので、安心して回れます。

もらえるサンプルが充実しているので、スタンプラリー目的で、ついでにアンケートも答えてサンプルゲットするのが、楽しみ方の一つかもしれません。

ちなみにこれが今回の我が家の戦利品です。親2人と子供1人で行ったので、ブースによっては3人分のサンプルをくれました。

 

参加費無料でここまでサンプルがもらえるので、来年も是非参加したいですね。なお行くときにはスマホが必ず必要です。ラインやフェイスブックなどのSNSへの登録をすることでサンプルがもらえるブースも数多くあるので、せっかく行くなら多少は登録してイベントを楽しみましょう。