こどもちゃれんじぷち6月号は果物アイテムで型はめとダンスに夢中

こどもちゃれんじぷち6月号は果物アイテムで型はめとダンスに夢中

6月といえば、梅雨ですね。あじさいやかたつむりなどの季節を感じるものは多くあり、DVDの中にもその辺りは多く登場します。

もちろんそれ以外にも成長に合わせた遊びなどが紹介されていますので、ご紹介します。こちらも2018年6月号のことなので、最新号での違いはご了承ください。

DVDでの出掛ける時は帽子を「ポン」

6月は梅雨である一方、初夏として、梅雨の晴れ間に散歩に出ると、太陽の日差しが気になり出し、日焼け対策などを始めたい時期ですね。

そんな時期だからこそ、DVDの中では、出掛けるしまじろうに対して、お母さんが帽子を被るように歌って教えるシーンが出てきます。「出掛けるときは帽子をポン♪」って感じです。

これはうちでも同じように歌ってあげると、自分で帽子を持ってきて被ってくれるようになりました。1ヶ月同じDVDを見せ続けるとさすがに覚えてくれるようです。

6月初めに慌てて夏用の帽子を買っておいて良かったです。

今月のリトミックは4月5月の合わせ技

今月のDVDに入っているリトミックでは、4月号の音に合わせて叩くと、5月号の揺れる動きの合わせ技になっていました。進化してますね。

4月5月でしっかりできるようになっていれば簡単な動きですが、うちの子はまだまだこそまでいってなく、良い復習になりました。

果物のかたはめグッズ

6月の遊びアイテムの目玉は、果物のおもちゃです。りんご・もも・バナナ・ぶどう・みかんの5つです。

しかもこれは4月号のシュッポに乗せることで、新しい歌をシュッポが歌ってくれたり、家の形をした型はめもあり、りんごぐらいはすぐにこどもでもハメられるようになります。

この型はめの形が絶妙で、果物によって難易度がありました。

(簡単)りんご→みかん→もも→バナナ→ぶどう(難しい)ですね。

バナナとぶどうは1ヶ月ではできるようになりませんでしたね。マグレで入ることはありますが。

このおもちゃは基本積み木みたいに重ねたり、並べたりして遊んでました。型はめ含めて一人でよく遊んでくれるおもちゃです。

うちの場合、しばらくして一緒にスーパーマーケットの果物売り場に行くと、「りんご」とか「バナナ」と指を指して言うようになりビックリしました。毎日遊んでいると覚えてくれるんだな~と関心し、成長を実感できますよ。

バナナダンスでバナナ気分

DVDの中では、バナナをとっても推してました。バナナの歌とダンスがあり、バナナに扮した子供とまなお姉さん、しまじろうがダンスをしながら歌ってました。

うちの子もしっかり踊りを覚えて踊ってました。その頃からうちの朝食には、バナナがマストになりましたね。果物で最初のはっきりしゃべったものがバナナだったので(親バカですね)

さいごに

いかがですか?この頃になると色々少しずつですがしゃべれるようになり、遊びもより楽しくなります。くもん式に少し似てる気がしますが、同じことをとことん繰り返しやらせる事で、覚えて身に付いてくれます。

是非、こどもちゃれんじぷちを始められる親御さん、お子さんは、毎日DVDを見るのを習慣にして、楽しく学んでいってください。