新生児とパパのスキンシップ。初抱っこのタイミングは?キッカケは?

新生児とパパのスキンシップ。初抱っこのタイミングは?キッカケは?

赤ちゃんが生まれたら真っ先にこの手で抱きたいと思うのが親心でしょう。特にお母さんはすぐに抱っこしたいと思っているはずです。

それはお父さんも例外ではありません。特に出産に立会っているときは、生まれてすぐに抱っこしたいでしょう。しかし実際は看護師さんなどがたくさんして、なかなか抱っこが難しいものです。

特に私はビビリだったため、難しかったです。そんな私の体験談を元に初めて抱っこするきっかけをいくつか紹介していきます。

今は娘が1歳10ヶ月まで成長し、子育ても慣れてきたので、ここで一度出産してからを振り返り、第2子のときに同じ失敗をしないため、似た境遇のパパの参考になるべく残しておきたいと思います。(これは2017年1月のお話です。)

チャンス1:産まれてすぐの分娩室

産まれてすぐ、助産師さんが抱き抱えたとき、言える人ならすぐ抱っこしたいと言えば叶うでしょう。(おそらく)

ただ私の場合は、1ヶ月の早産だったこともあり、赤ちゃんが小さすぎて抱っこしたいというのを躊躇ってしまいました。

そのすぐ後にも、一通り赤ちゃんを綺麗に拭いてもらい、お母さんに顔を見せに看護師さんが抱っこして連れてきた時にも、私は見ているだけでした。あまりの小ささに、触ったら壊れてしまうのではないかという感覚になり、抱っこできませんでしたね。

チャンス2:当日病室に戻って、赤ちゃんが寝ているとき

産後1時間後ぐらいで、4人部屋の病室で家族3人再会したとき、赤ちゃんの手を握り、握り反射に感動してしまいました。

あとは写真をたくさん撮って終了です。時間が遅かったこともあり、手を握ってくれた感動に酔いしれているだけで、抱っこし忘れる。帰りのタクシーの中でちょっと後悔し、明日は抱っこしようと思い、イメージトレーニングをしながら帰りました。

チャンス3:翌朝お見舞いに行ってすぐ

翌朝お見舞いに行くと、赤ちゃんは小さすぎたということで、一時的にNICUと病室を行ったり来たりしていました。

その為、病室でゆっくりすることはあまりなく、病室に来る=授乳の時間とか、おむつ替えの時間ぐらいでした。

その為、病室でゆっくり抱っこする時間もなく断念。

チャンス4:NICUで看護婦に言われてようやく

1日目の午後にNICUに赤ちゃんの様子を見に行った時に、看護婦さんから「抱っこした?」って急に聞かれて「いいえ」と答えると、すかさず抱っこさせてくれるための準備が始まりました。

ベッドから看護婦さんが抱き抱えて、私に渡してくるのです!!

私は産前のプレパパ教室で少し教わったぐらいで、どこを持ったらいいのか、生身の赤ちゃんを抱っこした経験もなく緊張してしまいました。

その辺は看護婦さんが察してくれて、丁寧に抱っこの仕方を教えてくれて、無事に抱っこ成功。

プレパパ教室で「赤ちゃんの頭は豆腐みたいに柔らかいから揺らしちゃダメ」って言われていたので、ただ抱っこするだけ。揺さぶったり、抱っこしたまま歩くことすらできませんでした。

看護婦さんありがとうございました。

その後、私の両親がお見舞いに来る予定があり、両親より先に抱っこせねばと思っていたので、何とか滑り込みで間に合いホッとしました。

私の両親は、来てすぐに抱っこしてました。抱っこするのは30年振りということで、ぎこちなかったですね。

これからみんなでできるように練習していきますかね。もちろん練習台は、赤ちゃんです。

早速試練の沐浴タイム

抱っこができたのも束の間、夕方には沐浴が始まりました。妻に頼ってばかりもいられないので、私も一緒に看護婦さんに教わりました。

その時には、もちろんずっと抱っこしっぱなしです。それどころか、オムツを替えたり、一気に初めてのことが入ってきました。(妻はおむつ替えは出産翌日の朝からやっていたようで、すでに慣れていました。)

沐浴では、あるあるの、おむつ台からベビーバスへ移動するときにオシッコをかけられるという洗礼を浴び、少し子供との距離が近くなった気がしました。

あとは看護師さんに言われるように手を動かし、赤ちゃんもきれいにして終了。

これから毎日やることなので、しっかり覚えましたよ。お母さんが(笑)

さいごに

赤ちゃんを抱っこするだけで一苦労してしまい、その時既にママとの育児スキルに差がついてしまっていました。わずか数日でしたが、差は歴然。

もっと積極的に参加していれば良かったと少し後悔しつつ、これから挽回できるように育児に励んでいきます。

みなさんも後で後悔しないように、思ったときに行動を起こすようにしてみて下さい。

少しは参考になれば幸いです。