パパのオムツ替えは自信持って行おう!スムーズに替えることで抵抗減

パパのオムツ替えは自信持って行おう!スムーズに替えることで抵抗減

子育ての中で、もっとも大変な仕事の1つが「オムツ替え」です。しかしオムツ替えはママだけしかできないものではなく、授乳と違ってパパも同じようにすることができるのです。

しかし、このオムツ替えを何の抵抗もなく、スムーズにできるパパがどれだけいるでしょうか?

女の子のオムツ替えに抵抗が…

気持ち的な面が大きいかもしれませんが、パパが女の子のオムツを替えるのに抵抗があるのかもしれません。(変な意味ではありませんが…)

外出先で、ママさん達がたくさんいるところで娘のオムツ替えをパパがしていると、周りからどう見られているのかと、過剰に気にしすぎてしまい恥ずかしくなってしまうことも、もしかしたらあるのかも。

赤ちゃん休憩室にパパと子だけで入るのは…

実際、私も子供と2人で出掛ける時、赤ちゃん休憩室に行って貸切状態であれば、サッと済ませて出てきますが、ママ友の集団などがいると尻込みしてしまいます。

なんか赤ちゃん休憩室って、パパは入りにくいんですよね。併設されている授乳スペースが混んでいると、赤ちゃん休憩室で授乳している場合もありますし、なんか入っちゃいけないような雰囲気を感じてしまうことも…

そんな時、私は男性用トイレの中に設置されているオムツ交換台を使用するか、多目的トイレに入ってオムツ替えをします。そこなら周りの目を気にしなくていいですからね。

自宅ではオムツ交換を

上記を理由に、オムツ替えをしなくなってしまうのはダメですね。子育ての中で最も大変な仕事の1つであるオムツ替えをしないのは、イクメン失格です。

外出先でやりにくいのあれば、せめて自宅では、一緒にいるときはパパがやってあげましょう。

ではどうやって替えればいいのか?ポイントを以下に纏めますが、まずは一度お母さんがオムツ交換をしているところを見て、見よう見真似でできるようにしましょう。

オムツ替えは事前の準備が大切

なぜ事前の準備が大切なのかというと…

オムツ替えをするときに、オシッコをしているかチェックするためにいきなりオムツを脱がせる人はいないかと思いますが、それは止めましょう。

してなかった場合にオムツが勿体ないですし、もししていても、交換する準備ができていないと、オムツを履いていない子供をしばらく放置することになってしまいます。

寝返りもできない子ならまだいいですが、寝返りができる以降の子供は、1人でそこに留まっていることはまずありません。どこかに1人で移動してしまい、そこでまたオシッコをする可能性もあります。オムツを脱がせてからは、ひと時も子供のそばを離れないでください。

オシッコチェックは、メーカーによっては、オムツを履いている状態でも外からチェックできるものが結構たくさんあります。まずはそれをチェックしてから、オムツ替えの準備を開始しましょう。

準備すること

  • オムツ交換マット
  • 新しいオムツ
  • お尻拭き
  • 使用済みオムツを捨てる場所の確保
  • ベビークリーム(必要に応じて)

まずはこれらを自分の手の届く範囲におきます。オムツ替えの間は基本的に片方の腕は常に赤ちゃんを抑えている必要があるので、片手で届く位置におきます。

いざオムツ交換

そしてオムツを脱がせるのですが、オムツは両サイドを破って外します。ズボンと同じように下に下げることもできますが、使用済みのオムツはもう捨てるだけなので、交換しやすいように破りましょう。

オムツの構造的にも両サイドは大人の手で簡単に破れるようになっています。

テープタイプのオムツの場合は、最初っから新しいオムツの上に赤ちゃんを寝かせて、オムツを脱がせると、万が一交換している最中にオシッコをしても受け止めることができます。パンツタイプのオムツの場合は、新旧オムツの入れ替えは素早く行って、無防備になる時間を少なくしましょう。

オムツ替えは、基本的には「オムツを脱がせる→お尻を拭く→新しいオムツを履かせる」たったこれだけです。シンプルな故に、普段やっていない人は、周りも見ればすぐ分かってしまいます。

オムツ替えは子育ての第一歩

自宅で、簡単にオムツ替えができるようになれば、外出先でも同じ要領です。外出先で他のママさんがいる場でぎこちないオムツ替えをしているから、変に周りを意識してしまって萎縮してしまうのです。

外出先でも堂々と、スムーズにオムツ替えができれば、サッと終わらせられるので周りを気にする暇すらなくなります。

そうすれば、安心してパパと子の2人だけで遊んだり、出掛けたりできるようになり、子供との距離もぐっと縮まり、よりパパっ子に近づきます。

子育てに積極的に参加して、子供をパパっ子にさせましょう!!

さいごに

いかがでしたでしょうか。同じ不安を抱えているパパの少しでも参考になれば幸いです。

1日に多い時で十数回はあるかもしれないオムツ替え、ぜひパパが積極的にやって、ママの負担も軽くさせましょう。