いきなり家事を分担するのは難しい。少しずつ夫が担当して範囲拡大を

いきなり家事を分担するのは難しい。少しずつ夫が担当して範囲拡大を

共働きが主流の現代において、今尚サラリーマン夫の人たちは、心のどこかで家事は妻の仕事だと思っていませんか?妻の仕事を手伝うという考え方ではなく、自分の仕事と思ってやることで、家事への向き合い方が全く変わるのです。

実際私もそう思っていた時期はありましたが、今は違います。家事は2人でやるものです。しかしそう思ったところで急に旦那が家事をできるようになるわけではないのです。

私が行った家事分担方法は本当に簡単です。子育てで悪戦苦闘している旦那さん。まずは家のことをやってみてください。

掃除はルンバにお任せ

今やお馴染みのお掃除ロボットのルンバです。これがあれば今まで奥さんがやっていた掃除機がけは要らなくなります。掃除の家事を奥さんから分担できるのです。

あなたは何をするのか?それは普段から部屋を綺麗にしてルンバがいつでも簡単に掃除できるように床にものを置かないように気を付けることと、ルンバの定期メンテナンスです。

ルンバは掃除をしてくれますが、溜まったゴミはルンバの中に溜まったままです。定期的にルンバのダストボックスを開けて綺麗にすることぐらいは忙しいあなたでもできますよね。

洗濯は夜に洗濯機にお任せ

洗濯物は洗濯機がやってくれますが、洗濯機に洋服を入れたり、出して干したり、畳んだり、これが面倒なんですよね。

この方法は住んでいる環境によって、NGかもしれませんが、私は夜ご飯を食べている時間に洗濯機を回します。大体1時間ぐらいかかる洗濯なので、帰宅後自分の着ているものを脱いで、お風呂に入り、お風呂から出ると同時に洗濯スタートです。

その後ゆっくり晩ご飯を食べて、ちょっとくつろいだら洗濯終了。季節にもよりますが、そのままベランダに干すもヨシ、部屋干しにして翌朝にベランダに干すもヨシいずれにしても時間のある夜に15分程度で終わります。

また晩ご飯後のくつろいでいる時に、前日の洗濯物をテレビを見ながら畳みます。

食器洗いは食洗機にお任せ

食洗機は、正直最初は信用できませんでした。本当に食器が綺麗になるのか?と思っていましたが、家電量販店で実演しているのを見て安心しました。綺麗になってました。

騙されたと思って、買ってみたら大正解!今ではすっかり食器洗いは私の担当です。

うちの場合は、100%綺麗とは行きませんが90%ぐらいは綺麗になります。ご飯のこびり付きとか焦げ付きなど難しいものもありますが、それは事前に水に浸けておけばいいのです。

コツさえ掴めば楽勝です。今では、食後に私が食洗機に使い終わったものをセットして、スイッチをON。1時間後にはピッカピカになり、しかも乾いているので、食器棚に締まっておしまいです。

まとめ

結局3つとも機械任せですが、それでいいのです。今まではそれすらも奥さんに任せていたんですから、機械を動かして家事をやってもらう。そのスイッチを押したり、事前の準備をしたり、それができるようになればまずは第一歩です。

まだ第一歩と言っているだけなので、これで家事やってますとは言わないように気を付けましょう。