赤ちゃんの寝かしつけグッズとして最適!ドリームスイッチのレビュー

赤ちゃんの寝かしつけグッズとして最適!ドリームスイッチのレビュー

夜泣きが落ち着いて、後は寝かしつけだけ、何とかなれば夜が楽なのに…なんて思っている親も多いのではないでしょうか。

また、赤ちゃんはそろそろ子供に進化して、寝るときに絵本を読んでもらいたいと思うことです。もちろん寝る前に読み聞かせてぐっすり寝てくれればいいですが、親も日中働いてヘトヘトです。絵本を読んでいるとこっちまで眠くなってしまいます。

絵本を読みながら子供より先に寝てしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんな親御さんにピッタリのアイテムがこのドリームスイッチです。そろそろディズニーリゾートにもデビューさせたいと思っているママさんも多い頃でしょう。なのでこのディズニーのアイテムなのです。

ドリームスイッチとは?

プロジェクタになっていて天井や壁に映像を投影させるアイテムです。そして投影させる映像は、ディズニーアニメを1話10分にまとめて、朗読しているもので、動画ではなく、絵本の良い部分を出している映像になっています。

寝る前に聞くのに丁度良い声のトーンで、話の速さで話してくれて、眠くなりますし、その話の世界観に入り込める話し方になっています。

絵本の読み聞かえの自動化

親の試練の一つとして、絵本の読み聞かせがあります。夜なかなか寝ない子供に対して、教育の意味でも絵本を読み聞かせて、寝かしつけるというものですが、最近の親は共働きも多く、夜の寝かしつけに苦戦しています。

そんな親の救世主とも言えるアイテムがこのドリームスイッチです。これば言い換えれば自動読み聞かせマシーンなのです。

絵本を読むのと同じ感覚で映像が切り替わり、眠くなる丁度いいテンポで朗読を進めてくれます。親は、こどもの隣で一緒に寝てあげて、寝つくのを待つだけでいいのです。

話後1分で眠りに入れる

各話が終わるとミッキーが締めの言葉を言ってくれるので、アニメを楽しんで、そのまま寝ることができます。

締めの言葉は、いつも決まっててミッキーフレンズ5人が寝てる様子が映り、ミッキーもこれから寝るような描写で、見ている子供にも睡眠を誘ってくれます。

そんな締めで子供はぐっすり寝てくれます。

大人も楽しめるディズニー

ディズニー好きの人は知っているアニメばかりですが、意外とディズニーアニメを知らないお父さんも多いでしょう。

そんなお父さんが子供と一緒にアニメを見ることで、アニメのストーリー知ることが出来たり、キャラクターの名前を覚えることができます。名前やストーリーを知ってからディズニーリゾートに行くと、また景色が違って見えます。

知れば、今後ディズニーリゾートに行ったときに、子供よりも楽しめて、結果的に家族みんなで楽しめるようになります。

アニメを見て勉強しようとすると、映画になっている2時間ものを観ないとストーリーを知れませんが、ドリームスイッチなら10分で勉強でき、かつ子供を寝かしつけることができるので一石二鳥です。

話の種類が多い

ディズニーアニメを全30話も観ることかできるので、1ヶ月毎日見ても被らず楽しむことができます。

すべての絵本を買うと、かさばるし経済的にも結構しますね。そう考えると、ことドリームスイッチは、枕元に置くだけで、好きなときに見ることができるので、とても良いです。

話以外にも、楽しみ映像とか音楽メインの映像も付いていて、楽しむポイントがたくさんあります。

最後に

如何でしたでしょうか。今回紹介したドリームスイッチは対象年齢は一応3歳以上となっています。

しかしうちは、2歳から使用しています。ぬいぐるみなどでミッキーやミニーをキャラクターとして認識し始めると、色んなアニメが楽しくなってくれるので、2歳からでも十分楽しめると思います。

(もちろん対象年齢には個人差があるので、3歳まで行けば間違いないとは思いますが。)

もし気になった方がいましたら、お子さんのお誕生日や何かのプレゼントのタイミングで買ってみてはいかがでしょうか。