ベビーベッドの置く場所は?成長に合わせた赤ちゃんの寝る場所選び方

ベビーベッドの置く場所は?成長に合わせた赤ちゃんの寝る場所選び方

赤ちゃんの成長に合わせてお布団で寝かせたり、ベビーベッドで寝かせたり、また布団に戻ったりと変えていますが、どのタイミングどこで寝かせてあげるのがいいでしょうか?

寝るところは授乳の間隔、睡眠の間隔と行動範囲を一緒に考えるとわかり易いです。

生後1ヶ月は親(布団)の横で布団寝

病院を退院して1ヶ月程度は、2時間おきの授乳でお母さんもゆっくり寝ていることができない時期です。

この時は、毎回寝室に連れて行っていたら大変なので、リビングのすぐ隣の部屋(和室)に布団を敷いて、いつでも寝て起きて授乳ができるようにした方が良いです。

赤ちゃんが重くなったらベビーベッドに変更しましたが、しばらくは和室にベビーベッドを設置して、和室で一緒に寝ると楽です。

この頃はまだ赤ちゃんは全く自分一人では動けないので、どこかに行く心配もなく、小スペースでの育児が良かったです。

ハイハイする前まではベビーベッド

少し成長して、4時間おきぐらいの授乳になってくると、ようやくお母さんも4時間ですがゆっくり寝れるようになります。なので親も久々のベッド生活です。

その段階で、ベビーベッドを寝室に移動させます。

ベビーベッドは大人のベッドと同じ高さに合わせられたので、寝ている時も顔を見ることができますし、起きてすぐ授乳ということも可能でした。

この頃は、22時、2時、6時という間隔で授乳だったので、夜中に一回だけ目を覚ませば、あとは以前よりは寝られるので、若干お母さんの負担も軽くなったはず…

お母さんが2時に起きられないときは、お父さんの出番です。哺乳瓶を用意して空かさず飲ませてあげます。

お父さんはこの連携をお母さんと出来れば、かなりGOOD!その分お母さんをたっぷり寝かせてあげることができます。

ただ1点注意することは、お母さんのおっぱいも赤ちゃんにあげる前提で作られています。あまり哺乳瓶で与えていると、おっぱいが張ってきてしまい、別の問題に発展しかねないので、程々に。

親の寝室でベッド下の布団寝

ハイハイし出すと、ベビーベッドは危険になります。うちの場合はこのタイミングでベビーベッドを返却し、床で布団を敷いて寝かせました。

親のベッドのすぐ隣、起きた時の足元になる部分に赤ちゃんを寝かせて、常に様子を見れるようにしました。

6時間おきになってくれたら、もう夫婦の睡眠は通常通りになります。ただ赤ちゃんには夜泣きという特技がありますので、授乳以外でも夜泣きで起きた時には夫婦どちらかが対応しなければいけないので、やっぱり同じ部屋で寝るのがいいですね。

そして2歳になった今

ハイハイしだした時の状態のままです。

親のベッドのすぐ横でぐっすり寝てくれています。

ハイハイしだした頃から場所を変えないことで、ここに行ったら寝なきゃいけないと赤ちゃんなりに覚えてくれているようで、寝室に入ったら割と早く寝てくれるようになりました。

珍しいケースかもしれませんが、日中にしっかり遊んで疲れていてくれると、寝かせ時間は10分ぐらいで夢の中です。(親は大変大助かり)

当分はこの状態が続きそうです…

まとめ

赤ちゃん側を考えると、ハイハイするまではベッドで寝れればどこでもOKです。

あとはお母さんがしっかり寝れるようになったら、寝室に移ったほうが身体が楽になります。

ハイハイし出したら、寝室で固定にして、寝室=寝る場所というイメージをしっかり持ってもらいましょう。

参考になれば幸いです。