連休を家族と過ごすお父さん!赤ちゃんの生活リズムを崩さないように

連休を家族と過ごすお父さん!赤ちゃんの生活リズムを崩さないように

年末年始の連休やその後の成人の日の3連休、また今年のGW等など、連休が意外とたくさんあり、子供と過ごす時間も増えてくるので、お父さんも嬉しいことでしょう。

ただ、お父さんと一緒に過ごしていて嬉しいのは、お父さんと赤ちゃんだけかもしれませんよ。なぜなら、普段の平日の生活リズムが崩されてしまうことで、赤ちゃんの一日のタイムスケジュール(体内時計)が、ずれてしまう可能性があるからです。

赤ちゃんにとって大事なのは規則正しい生活

家族全員の起きる時間が遅くなってませんか?

ついお父さんが連休で休みだと、遅くまで赤ちゃんと遊んでしまい、寝る時間が遅くなる。そしてその分起きる時間までも遅くなってしまう。

お母さんと二人で過ごす平日に、お父さんの出勤時間に合わせてみんな起きて、朝食をとり、その後遊んだり過ごして、夜は、お風呂入ってから、ご飯食べ、寝るまで結構タイトなスケジュールで過ごしていることをお父さんは知りません。

その為、お父さんが家にいると、そのタイトなスケジュールが狂って、赤ちゃんの寝る時間が遅くなってしまいます。

土日の2連休ぐらいなら、月曜日にいつも以上に身体を動かすことで、生活リズムを戻すこともできますが、長期の連休になると難しくなってしまいます。

お父さんも、赤ちゃんとスキンシップ取りたい

生活リズムと言われても、たまの連休ぐらいたっぷり遊んであげたいと思うのも親心なんですが、それはお父さんの都合です。

まだしっかり言葉を話せない赤ちゃんを、いつもは9時に寝かせている時間にお父さんがカマっていることで、寝る時間がどんどん遅くなってしまいます。

スキンシップを取るな!ではなく、生活リズムを赤ちゃんに合わせたスキンシップを取ればいいのです。

赤ちゃんの生活リズムを把握しよう

まず大切なのは、お母さんがいつもやっている規則正しい生活を送るための工夫を夫婦で共有することです。

私の場合は、ざっくりタイムスケジュールを作成して、いつも見えるところに貼りました。

これの赤い部分は、遊ぶ時間ということで、私が休みのときはこの時間に目一杯遊び、あとはスケジュール通りのことを手伝いました。

土日の休みでもしこのスケジュールから1時間ずれると、月曜日に赤ちゃんがグズったり、いつもと違う時間に昼寝をしたり、大変みたいです。

なので、この時間をしっかり守って楽しく休みの日を満喫しました。

規則正しく元気な子に!

このスケジュール表作戦で、休みの日にも理想的な休日を満喫することで、今後、保育園に通うときや、その後学校に通い出す時に、寝坊したり、夜更かししたりしないで、いい子に育つでしょう。

子供は親の背中を見て、育ちます。

そのため、まずは親である自分自身が、休みだからといって遅くまで寝ていることが無いように、平日と同じ時間に起きて朝食をとり、出勤時間から、子育てにしっかり参加して、家族みんなで過ごせる時間を確保することが大切です。

子育ては、子供のために色々やっているようで、意外と自分の生活も理想的な健康体の生活にしてくれているのかもしれません。

是非、みなさんもやってみてください。