お風呂を出る時の寒暖差は赤ちゃんの心臓にも悪いはず、良い対策は?

お風呂を出る時の寒暖差は赤ちゃんの心臓にも悪いはず、良い対策は?

寒くなってきたこの時期、大人でもお風呂に入るとき、寒いところから暖かいところに移動したり、急に寒いところに行ったりすると体がしんどくなります。これは大人だけではなく、赤ちゃんにとっても同じことです。

お風呂から上がる時に、脱衣所が寒いと心臓に悪いと思いませんか?「そんなこと言っても冬なんだからしょうがない…」と言っていたら何の解決にもならず、赤ちゃんが大変なことになってしまいます。

そこで、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときにすべきことをいくつかご紹介していきます。

お風呂に入る前準備が大事

まずお風呂に入るときは、事前にバスタオルや着替え、防寒着を脱衣所に準備します。これは大人と同じですが意外と忘れがちです。

赤ちゃんもお風呂上がりはすぐに服を着たいはずです。ただバスタオルで拘束されるのが嫌だったり、他に興味のあることが見つかったりして中々その場にじっとしていてくれませんが。そこは親の仕事、しっかりバスタオルで拭いてあげましょう。

それをするためにも、まずはバスタオルや着替えを脱衣所に用意して、できればベビーローションなどのお手入れ道具一式やドライヤーも用意しておきましょう。

事前にどこまで準備できるかがお風呂上がりを快適に過ごすための重要なポイントになってきます。

ちなみに私の家は、脱衣所に座布団とバスタオルを敷いて、上がったらすぐに座布団に寝かせて、拭いたり、着替えたり、ベビーローションを塗ったりと一通りの事を済ませます。

脱衣所とお風呂場の気温差はゼロに!

脱衣所に全てを用意したら、あとは気温です。風呂場はお湯の湯気などで結構いい感じに温まっています。また風呂場であれば冷暖乾燥機が付いていて、暖房で温めることもできます。

温まった風呂場の気温を風呂上がりの脱衣所にも呼び込みましょう。

お風呂から上がったら、まずは赤ちゃんには洗い場に居てもらい、大人だけが脱衣所へ。先に大人の身体を拭くのと合わせて、脱衣所のドアを開けっ放しにします。

そうすると、お風呂場の暖かい空気が脱衣所にも流れて、脱衣所が暖かくなります。そうすれば、あとは脱衣所で赤ちゃんのお風呂上がりケアをしてあげて、着替えて終了です。

風呂上りの肌ケアも忘れずに!!

風呂上りのケアでは、赤ちゃん用の保湿クリームを塗ることも忘れてはいけません。

赤ちゃんの肌はプニプニで乾燥とは縁遠い気がしますが、もっとも敏感な時期です。風呂上がりにしっかりと保湿ケアをしてあげて、赤ちゃんの肌をキープしてあげてください。

クリームを塗る時のポイントとしては、普段はオムツを履いていて、デリケーゾーンにクリームを塗るタイミングがありませんが、お風呂上がりなら可能です。

オムツを履かせる前にしっかりクリームを塗ってケアしてあげましょう。

しっかり着替えて温かくしてから脱衣所を出る

最後に、脱衣所でしっかり着替えるところまでできたら、暖かいリビングに移動しましょう。これでリビングが寒かったらすぐに風邪を引いてしまいます。

電気代などをケチることなく、必要なところにはしっかりケアをして、常に快適な気温の中で過ごしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段赤ちゃんと寒いお風呂で苦戦している人の少しでもお役に立てば幸いです。