カメラはいつから渡していい?今の子供の吸収力は半端ない!

カメラはいつから渡していい?今の子供の吸収力は半端ない!

最近外で遊ぶことがあまりできないため、子供にも何かおもちゃをと思っていた時、昔私が使っていたトイカメラを押し入れから見つけたのであげてみました。(もう数年使っていなかったので壊れてもいいと思って)

そしたら、子供はあっという間に使いこなしてパシャパシャ!!

子供の吸収力は半端ない!

親的には、カメラは電源を入れて、正しく持って、シャッターを押したり、撮った後のカメラチェックで再生ボタンを押したりと結構ボタンがあるので、操作できないだろうと思っていました。

しかし、生まれた時から親がデジカメを使って、よく子供の写真を撮っていたので、それを撮られる側として見ていた子供は、アッという間に覚えてしまいました。

渡して、ちょっと使い方を教えたら、すぐにパシャパシャって撮り出した!

最初は家の中で何枚か撮っていたので、親も面白くなり、人の少ない近くのお寺に(ちょうど桜の見ごろのシーズンだったので花見がてら)子供と2人で行ってみたら、綺麗なものが分かっているのか、桜をパシャパシャ。

子供目線で、咲いている桜を撮るのはもちろんのこと、散って下に落ちている桜を撮ったり、たくさん撮っていました。

撮った後は、再生ボタンを押して、撮ったもののチェックも抜かりなく。

将来はカメラマン?(親バカ)

子供目線で写真を撮ると、大人より下から撮るので、より空の青と桜のバランスが良かったり、大人では撮らない桜一枚が落ちている路面を撮ったりと、ちょっと面白い写真がたくさん撮れました。

これからも、トイカメラが壊れるまでは、出掛ける時に自分でカメラを持ってもらい、色々写真を自分で撮って思い出を残してもらおうと思います。

フラッシュのON/OFFは、まだ分かっていないので、その辺は親が気を付けて、水族館などのフラッシュNGなところでは撮らないように気を付けながら楽しみたいと思います。

今後は親のスマホが取られる?

カメラに興味を持つと、今後は親が持っているスマホのカメラ機能にも興味を持ちます。親がカメラを撮る場合に使うものとしてデジカメもありますが、一番身近なものはスマホのカメラ機能です。

しかもiPhoneのカメラ機能は、指紋認証を突破していなくても、カメラが起動できるようになっていました。

トイカメラを渡して一週間が過ぎると、気が付いたら私のスマホを持っていることもしばしば。

勝手にカメラ機能を付けて、パシャパシャ取られていました。iPhoneのアルバムになぜか部屋の写真がたくさん入ってましたとさ(笑)

最後に

こどもが何に興味を持つのか、まだまだ未知数の今、お金はかけずに昔持っていたようなオモチャを渡してみると、スッと使いこなすかもしれません。

子供の可能性が無限大だということを改めて実感した出来事でした。ぜひ皆さんも何かありましたら、まずはやらせてみるということを頭に入れてみてはいかがでしょうか。

何か参考になればさいわいです。