家にあるもので!!自宅で簡単に3歳児の運動不足を解消する方法は?

家にあるもので!!自宅で簡単に3歳児の運動不足を解消する方法は?

現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、緊急事態宣言が出されていて、子供も幼稚園や保育園に行けず、親も在宅ワーク(リモートワーク)を余儀なくされているご家庭はたくさんあると思います。

本来は子供は、幼稚園に行ってお友達と園庭などでたくさん遊び、体を動かして、健康的に発育しているはずでしたが、それができていないのが現状です。

だからといって、家では特別な遊具もなく、走り回れるスペースもないので、子供の発育のためにも運動不足を解消させてあげたいけど、できない…という親御さんは多いのではないでしょうか。

今回は、私が実践している、今すぐにできる運動をご紹介します。とは言っても全然大したことないですが、少しでも参考にして元気な子供が増えてくれれば幸いです。

ちなみに私はスポーツインストラクターでもなければ、運動関係の仕事をしているわけでもなく、ただ子供と遊びたくて色々やっているだけです。本当に鍛えれるかは全く不明ですので、くれぐれも真似するときは変な期待はしないで、”子供と楽しく”を重視してください。

でんぐり返しで腕の力を鍛える?

幼稚園でどんなことをしているのかちょっと想像してみてください。きっとマットを使ったでんぐり返しとかハイハイとか、ほふく前進的な動きをやることはあると思います。

これをするためにはマットが必要ですが、専用のマットを自宅に持っている人は少ないでしょう。私もありません。そこで、和室で寝るとき用の敷布団の下に敷いているウレタンのマットレスを代用してみました。(これで多少は痛くないかと)

YouTubeで「3歳児 マット運動」などで検索すると、実際に大人と一緒に前転などをしている動画がアップされています。私も最初はそれを見ながら、子供の補助の仕方を勉強しました。

あらかじめ危ない点や、正しい補助の仕方を知っていると、子供と安心して遊べます。

うちの子は結構マット運動にハマってくれて、休みの日にマットレスを出すと、喜んで運動してくれます。

ちなみに、普段全く運動していない大人が急に前転をやると、首を痛めるので注意してください。私が痛めました…そして子供は目を離すとすぐに危ないことをし出すので、大人がいない時はマットレスをしまって、一人ではやらせない方が良いでしょう。

人間滑り台で、体幹を鍛える?

これは、私がソファーで休んでいると、子供が勝手に登ってきて始めた遊びです。

私がソファーに座っていると、子供が登ってきた(抱っこより少し上の顔の目の前まで)ので、試しに私が足を伸ばして頭から足まで一直線になるようにしてみました。(まるで滑り台の滑るところのように)

そうしたら、子供が床まで自力で滑り出しました。意外と楽しいらしく何回も登っては滑ると繰り返しています。

ちょっと傾けたり、あえて不安定な状態にすると、子供が上手くバランスを取って上手に下まで滑るので、もしかしたら体幹が鍛えられているのかも…

人間ブランコでバランス感覚を養う?

これは結構大人の体力が削られます。やることはいたってシンプルです。

大人が、立った状態で子供がトンネルをできるくらい足を開きます。両手を組んで足の方で前に倒します。これだけです。

後は組んだ手のところに子供が座って、ブランドみたいに揺らしてあげます。公園に行けない子にとってブランコはやりたくてしょうがないものですから、それが家で疑似体験できるのは嬉しいでしょう。

ただ公園のブランコと違って、座るところが不安定なので、子供も必死にバランスを取ろうとします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

うちはこれで外出自粛中の運動不足解消を凌ぐつもりですが、子供の体力は無限大です。少しでも運動してもらい、健康的に成長できるようにアイデアを出しながら乗り切りましょう。