ママが笑顔になる!パパにやってほしい育児(お風呂と寝かし付け編)

ママが笑顔になる!パパにやってほしい育児(お風呂と寝かし付け編)

昨今、新型コロナウィルスの感染拡大防止策で小中高学校が一斉休校になってしまったり、2~3歳児が遊べる施設が臨時閉鎖されてしまって外に遊びに行く場所がなかったりして、パパの休日でも子供と一日中家に機会が増えてきました。

そんな今、実はパパとして何ができるかが試されているときだと思いませんか?

家族で外に出かけると、育児というよりはお出かけということに注目するので、細かい育児は結局ママに任せきりになっている人でも、一日中家に3人でいるときは、普段やらないような育児にも参加せざる得ない状況になりますよね。

そこで、数ある育児の中から、ママがパパにやってもらいたいと思っている育児を勝手に挙げてみました。実際やってみると、結構体力勝負なところがあり、これを普段ママがやっていると思うと頭が下がると思いました。

お風呂に一緒にはいる(パジャマを着るまで)

お風呂に一緒に入るというと、よくイメージするのは、ママが子供の服を脱がせてお風呂に誘導し、お風呂でパパが受け取り、一緒にお風呂に入る。その後、風呂上りはまたママに子供をパスして終了!というパパではないでしょうか。

実はこれではあまりママは助かっていません。もちろんその後ママがゆっくり1人でお風呂に入る時間を作ってあげることは素晴らしいのですが、お風呂の大変なところは、お風呂に誘導するまでと、風呂上りに体を拭いたり、服を着せたりする部分なのです。

風呂に入れる

2~3歳の子供は結構力がありますので、本当に嫌なことには全力で抵抗します。しかしその抵抗に負けていたらいつまでたってもお風呂にたどり着かないので、なんとか誘導して服を脱がせなくてはいけません。

全力で抵抗している子の服を脱がせるのは力的にも大変ですし、精神的にも相当大変です。これは是非パパにも体感しましょう。上手く誘導できるときは全然楽ですが、毎日お風呂に入れているといろんな状況があります。週1回や月1回程度では、大変さは中々伝わらないでしょう。是非体感してみてください。

風呂から上がる

次に風呂上りですが、これはまず子供が楽しくお風呂で遊んでいるのを止めて上がらせることが大変です、そしてその後、体を吹いてドライヤーを掛けて、服を着せて…時には子供を抱っこさせたりしなくてはいけないので、3歳の子をママが気軽に持ち上げるのは結構大変です。

是非、お風呂に入れる=湯船だけでなく、一連の育児を全てパパができるようにしましょう。

寝かし付ける

寝かし付けも日によって波があります。大人でも寝付きの良い日と中々眠れない日とはありますよね。子供も同じです。布団に入って10分で寝る日もあれば、3時間ぐらい寝れなくて、布団の中で遊び出したり、布団から抜け出したりする時もあります。

寝付きの良い日だけパパが寝かし付けているのでは、育児をしているとは言えません。どんな状況でも毎回パパが寝かし付けてこそ、育児と言えるのではないでしょうか。

時には、3歳になっても、寝るときは抱っこして寝かし付けることもありますが、これはママには体力的に難しいでしょう。是非そういうときこそ、パパの体力をフルに活用して寝かし付けましょう。

さいごに

如何でしたでしょうか?パパはしっかりできていますか?

正直うちも胸を張って言えるほど、育児はできていませんが、ママを少しでも楽させるためにどうすべきかを日頃から考えて、育児に参加しているつもりです。

他にもできる育児がたくさんありますので、それはまた次の機会に。

コロナに負けず頑張りましょう。