2歳児の昼寝事情。昼寝すると夜寝ない?昼寝と寝かしつけの関係は?

2歳児の昼寝事情。昼寝すると夜寝ない?昼寝と寝かしつけの関係は?

2歳後半の娘が最近夜寝てくれない…その原因を考えていたら、昼寝が関係しているかもと思うようになり、ちょっと調べてみました

1歳頃までは毎日昼寝をする時間をちゃんと確保していましたが、2歳の後半になると、遊びたいことも増えて、昼寝の時間をしっかり確保するのが難しくなってきます。子供もそこまで昼寝を要求しなくなってきましたので、それに甘えて、親も適度に休みながら育児してきました。

その中で、昼寝と夜の寝かし付けに関係がありそうだと思ったので、まとめてみました。

昼寝と寝かし付けの関係

昼寝ゼロ時間のとき

夜の寝かし付けは楽です。20時~21時には1人でぐっすり寝てくれます。

昼寝がゼロの中にも色々あり、一日中リビングで1人で遊んでいてくれるときは、8時~9時に寝てくれますし、遊びに出かけて、一日遊んだ時は、夜ご飯も食べずに7時ぐらいに寝てくれます。

寝かし付け担当としては、とても楽だが、そのための日中の労力が半端ない。一日子供と遊ばなければいけず、親としてはかなり大変です。

昼寝を1時間~2時間したとき

22時~23時に寝てくれます。これは、寝かし付けが結構大変で、21時には寝室に移動しますが、そこからなかなか寝てくれず、一度リビングに移動して遊んだり、無理に寝かせようとして、ぐずられたりしてしまいます。

ただこの場合は、日中に親も昼寝をすることができるので、親も楽になります。また平日に忙しくて昼寝をする時間もない親が日曜日にちょっと2時間程度寝てしまうと、だいたい子供も一緒に寝るので、この感じになります。

うちの場合

日中は父親の私は仕事で家には居なく、母親がワンオペで面倒見てくれています。私自身は、毎日21時前に帰宅して、そこから子供の寝かし付けを行います。

その時に、寝かし付けの子供のぐっすり度で日中にどのように過ごしたかがわかります。

ただ気を付けたいのは、これで寝るのが遅くなる時に母親に、なんで昼寝させたの!と文句は絶対言わないこと。母親も毎日家事に育児に大変で、昼寝も必要なんです。

なので、昼寝の時間などを決めずに、その時その時の状況に合わせて寝かし付けを臨機応変に行います。

子供の体内時計は正確

子供の体内時計は驚く程正確です。

例えば、朝ごはんを7時頃にしっかり食べると、自然と12時にお腹すいたとアピールしてきますし、ちょっと朝ごはんが遅く貼って10時ぐらいになると、14時ぐらいまでお腹空いたことは一切言ってきません。

それと同様に、上記でお話した昼寝と夜寝る時間はしっかりと分かれていて、分かりやすく毎回同じです。

さいごに

1歳の頃に比べると、遊べることがとても増えてきて、しっかり疲れるようになってきた娘。それにしっかり順応して、一緒に遊んだり、生活リズムを考えてあげなくてはいけないのですが、全てを完璧にやるのは難しいというか無理です。

なので、昼寝する日と昼寝しない日とか、とことん遊ぶ日と一人で遊んでいてもらう日など色々な日を作って適度に休みながら、楽しみながら過ごしていきましょう。

親も無理をしないのが、育児が続くコツかと思って実践しています。