妊婦を全力でサポート!夫が心掛けるべき休日の過ごし方や行動は?

妊婦を全力でサポート!夫が心掛けるべき休日の過ごし方や行動は?

妻が妊娠中の10ヶ月間、夫はどのようにサポートしたらいいのでしょうか。イクメンになると意気込んでいる人も、まだ子供が生まれていない時期には具体的に何をしたらいいのか分からず悩んでいるのではないでしょうか。

そんなプレパパ達に、私の経験談を交えて、少しご紹介させていただき、参考にあれば幸いです。

妊娠した妻との休日の過ごし方が分からない

妻が妊娠して、病院に行ったり、具合悪そうにしてたり、妻側は色々状況が変化していきますが、夫は当然の事ながら体調の変化などはなく、イマイチ実感しにくいところです。

そんな中で、今までは休日になったら夫婦で買い物に行ったり、結構アウトドアに活動していましたが、妊娠しても同じで良いのか悩みますよね。

体調次第で出掛けるのはOK

妻がつわりなどひどくて辛そうなら、家でゆっくりしてもらうのがいいですね。そのときは自宅で映画を見たり、アロマを炊いて静かに過ごしたり…

体調が良さそうなときは、気分転換に外に連れ出しましょう。うちの場合はここぞ!!とばかりに近所でやっているイベントを調べまくって、週末で体調が良ければイベントに行ってました。

イベントの無い日は、地元の観光地に行って観光客気分で楽しんだり、とにかく今を楽しみます。

家族2人だけの時間を大切に

妻の精神的サポートは夫にしかできない

妊娠すると、ついつい安静にしておかなきゃと思いがちですが、妊娠期間は10ヶ月もあります。ずっと安静はまず妊婦さんが耐えられません。

ただでさえ日中夫が仕事をしている間、家で不安に押し潰されそうになりながら耐えているのです。

休日ぐらいはしっかり楽しんで気分転換しましょう。一番手軽なのは、近所の赤ちゃん用品店に行って、出産後の楽しさを一緒に想像することです。

大人二人でしか行けないところに行く

赤ちゃんが生まれたらその後5年~10年は夫婦二人だけで出掛けることは皆無になります。大人の映画を観たり、高そうなレストランに行ったり、夜景を観たり…全て子供がいると難しいです。

ちなみに高そうなレストランでは、もちろん禁酒なので、ランチタイムに行くといいですね。お酒飲めなくても十分楽しめるので。これが夜に行くと、雰囲気が一変して、アルコールが欲しくなってしまうので、そういう場は避けましょう。

ですが無理に行く必要もありません。もし余裕があればの話です。

私の場合は、普段の休日は近所の赤ちゃん本舗に行って、買い物チェックリストを見ながら、実物を見ながら、赤ちゃんが遊んでいるところを想像して2人で楽しんでいましたが、誕生日などのちょっと特別な日は、「いつか行きたいね~」って言っていた場所に行って遊んでいました。スカイツリーとか鎌倉とかの主に観光地です。

2人で過ごすと信頼度もUP

妻が一番いてほしい時に、ちゃんと一緒にいてあげる。これが当たり前のようで、実は難しいことです。その分ちゃんと実行してあげれば、頼られて信頼度もUPするはず。

この妊娠している時期にちゃんと信頼関係を構築しておくことで、赤ちゃんが産まれてからお母さんがワンオペで苦しむことなく、自然と子育てにもお父さんも参加できるようになるでしょう。

またしっかり一緒に過ごす時間を作ることで、これから一緒に子育てをするんだという意識が夫婦ともに芽生えることができ、妊婦さんも安心して出産に臨めるようになります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

まさに今プレパパという人のお役に少しでも立てば幸いです。