立会い出産の分娩室で夫は何ができる?どんなサポートをしたら良い?

立会い出産の分娩室で夫は何ができる?どんなサポートをしたら良い?

いざ出産というタイミングになり、立会で分娩室まで行くことを想定している旦那も多いのではないでしょうか。ただ、実際に立会って分娩室で何をすればいいのか、全く分からず、何となく行くという人も、もしかしたら多いのかもしれません。

今回はそんな悩める旦那さんの少しでも参考になればと、分娩室での行動について少し書かせていただきます。

夫は分娩室で何をしたら良いの?

分娩室に行くと、助産師さんや看護師さんが色々やってくれるので、夫はいなくても出産はできてしまいます。では何をしたら良いのか?

一番は妊婦である妻の精神的支えになること。隣に立ってずっと手を握っているとか、飲み物をとって欲しいときや汗を拭いて欲しいときなどの阿吽の呼吸でのサポートをしてあげるのが一番です。

もっと何かしてあげたいけど…

立会っている時に夫が思うこととして、「他にすることある?」というのがあります。しかし妻は出産でそれどころではないですし、看護師さんなどの出産に集中していて夫の面倒を見ているどころではありません。

実際私も分娩室で立会っている2~3時間ぐらいは、妻の横に立って、水筒とタオルを持って手を握っているだけでした。でもそれで十分だと思います。

してあげたいことと、妻がして欲しいことは必ずしもイコールにはならないので、妻がして欲しいことをしっかりすることに専念しましょう。

して欲しいことを事前に聞いておく

立会うことが分かっているのであれば、必ずしておくことがあります。それは分娩室での夫の役目です。

いざ出産となった場合、分娩室で「アレして」「コレしないで」など妻が言っている余裕はありません。余計なことをして、出産の邪魔をしないように事前に話し合っておきましょう。特に「これはしないで」ということは絶対聞いておきましょう。

動画の撮影係

もっとも多いのが、出産時の状況を後で妻も見たいから撮影しておいて欲しいという希望がある場合があります。その場合は事前にビデオカメラを用意して、充電などを確認しておく必要があります。

また逆に恥ずかしいから絶対に撮影しないでと言われる場合もあります。この場合は、それを事前に話しておかないと、良かれと思って夫が撮影してしまう可能性もあります。

写真の撮影係

動画はちょっとという人でも、写真撮影はして欲しいという人も多いでしょう。その場合もちゃんとデジカメやスマホは準備しておきましょう。スマホだと病院に行くまでの連絡などでバッテリーが切れてしまう可能性もあるため、できればデジカメを別で用意しておいたほうが良いでしょう。

逆に写真撮影もNGと言う場合もあります。しかしこの場合撮影しないで欲しいのは、あくまでも出産時の妻の状況を撮らないで欲しいと言っているだけの可能性が高いです。生まれたての我が子の写真はいつでも撮れるようにやはりデジカメは用意していったほうが良いでしょう。

私の体験談

ちなみにうちは、事前に妻から動画も写真もNGと言われていたので、何も用意していかなかったのですが、産まれた直後に私が写真を撮ったり全くしない様子を見て看護師さんが「取らなくていいの?」と声を掛けてくれました。

そこで、妻はNGと言ってたけど、赤ちゃんの撮影はダメと言われていないと気付き、急遽持っていたスマホで撮影しました。その写真を見せたら妻も喜んでくれたので、看護師さんに感謝です。

他にして欲しいことは?

他にも、人によっては分娩室で何時間も時間を要する人もいます。

なるべく多く、やってほしいことを話し合っておくといいでしょう。例えば、音楽が聴きたいとか、リラックスするお香を焚いて欲しいとか、マッサージをして欲しいとか、あらかじめ伝えられていれば準備できますが、急にその場で言われるとできないものもありますので、事前の話し合いが大事ですね。

分娩室での出来事は、後まで引きずる

出産時は、色んなことが一度に起こるので、一つ一つを取り立てて後で話題にすることはあまりありませんが、分娩室での夫の失態とかは、後々「あの時は、何何してくれなかった」とか「余計なことして」と言われることが良くあります。

逆にしっかり出来ていれば、その後の育児に対する共同作業も順調に行くことでしょう。節目節目ではちゃんと夫婦で乗り切り、その後の3人家族での生活をより楽しいものにしていきましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。分娩室での私の体験も含めてお話しましたが、これから出産を控えている奥さんのいる旦那さんの少しでも参考になれば幸いです。