新生児との生活でパパができることは?意外に多いパパがすべき育児は

新生児との生活でパパができることは?意外に多いパパがすべき育児は

里帰り出産などでは1ヶ月ぐらいママと赤ちゃんは帰ってこない可能性が高いですが、家の近くで出産した場合などは、1週間程度で退院して、母子ともに家に帰ってくることが多いです。

実はここからが子育て生活本番のスタートです。

といっても、パパにとってはまだあまり実感がわかなくて、具体的に何をしたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

新生児との生活、パパは何をしたらいいの?

子供との新生活が始まりますが、実際にパパは何をしたらいいのでしょうか?1日中ママは家にいるわけだし、ママに任せておけば良いのでは?と思ってしまうパパもたくさんいると思います。

しかしここで気を付けるべきは、ママの体力的な心配です。ママは出産前から、既に育児が始まっていて、昼夜問わずお腹を蹴られて寝れない日々を過ごしています。横にはなりますが熟睡は出来ていないのです。

その上、出産でものすごい体力を使い、疲れが取れる間もなく産後の育児がスタートするわけです。産後も纏まった睡眠は取れず、お風呂にゆっくり浸かることも出来ていないのです。なぜなら常に赤ちゃんと一緒に居るため、一瞬でも目を離すことができないからです。

しかも授乳は2時間おきぐらいの間隔で与え続けなければいけないため、休む暇がありません。起きて家にいるものの、妊娠前みたいな家事を当たり前のように期待するのは止めましょう。

ママの分まで家事を

新生児との生活で、まずパパがすべきことは、家事です。まずは最低限自分のことは自分で全てしましょう。食事の準備、片付けから洗濯、買い物まで休日などを上手く使ってできる限りやりましょう。その時に「仕事で疲れているから」という理由でやらないのは言い訳になりません。

仕事といったら、ママは24時間ずーっと育児という仕事を強制的に強いられているので、ママの方が大変なのです。

ベストは、パパが仕事で昼間いない時の昼ご飯を用意してから仕事に出掛けることができたらいいですね。

難しい時は親に頼るべし!

家事を全てやる!!と急に言われても難しい人もいると思います。現に私がそうでした。

そういう時は、親を呼びましょう。自分の親でもいいですし、ママの親でもいいです。

うちの場合は、退院後最初の1週間はママの母親が泊まり込みで子育てを手伝ってくれました。ママの母親が帰ったあとは交代で私の母親が1週間泊まり込みで手伝ってくれました。

母親的には、孫の顔をしばらく見ていられて幸せですし、私やママは少しでも家事の負担を減らして生活できるので、win-winの関係になるわけです。

手伝いに来てくれると言っても、甘えすぎは禁物です。あくまでパパが仕事で不在の間のサポートをお願いする程度にして、帰宅したらパパが家のことは全てやりましょう。来てくれているということでオモテナシの気持ちを忘れずに。

ママの大切さを改めて実感

育児と言いつつも、ここまでは家事を自分でするという当たり前のことしか言ってません。他には授乳以外の育児には家にいるときは積極的に自分の仕事にしていきましょう。(おむつ交換から沐浴、着替え等…)

これらを通して、結婚してからずっとママに頼りっきりだった家事を改めて行うことで、今までのママの家事の大変さを実感することができ、感謝する気持ちが生まれてきます。

それを知った上で、その後ママの体力が回復した2ヶ月以降の生活することで、よりママを大切にして、家庭円満に繋がることでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。子供が生まれて、育児を積極的にやっていこうと意気込んでいるパパ達は、まずは何か新しいことを覚える前に、当たり前の家事(炊事洗濯)を家族分全てパパができるようにすることが先決です。

ぜひ、これから子育てを控えている人も、一度家事を全てパパがやってみて、ちゃんとできるか確認してみるといいでしょう。もし家事ができなければママ以外で家事をしてくれる人を検討しておかないと、産後の生活が大変なことになりますよ。

少しでも参考になれば幸いです。